パーマカルチャー合宿WSいるかビレッジ
By 木下拓己@広報貴族 Follow | Public

この夏、街中エコビレッジ・いるかビレッジで久しぶりの
パーマカルチャー合宿ワークショップが開催されました。

いるかビレッジのガーデン、「食べられる森」にて、
パーマカルチャーガーデンの仕組みやパーマカルチャーの知識を講義で吸収しながらのメンテナンス作業のあっという間の2日間でした。
前回は遠く熊本から飛行機でなど全国の方が総勢30名集まり一大交流になりました。

今回から心機一転!

・メンテナンスだけでなく新しく「堆肥小屋」を一から作り出す体験をします!
・講座を別テーマで2日間開催してパーマカルチャーの知識と最新情報を獲得します!

パワーアップするパーマカルチャー合宿ワークショップ、2日間参加したら2倍楽しいかも?

「パーマカルチャー」
よく耳にするようにはなったが具体的に何なのか?よく知らない。

前回の合宿でパーマカルチャーは知ったのに実際の生活に実現出来ていない。
そんな声をよく聞きます。
エコビレッジやトランジションタウンなど持続可能な地域づくりに欠かせないパーマカルチャーの手法と思想。

今回のワークショップ合宿からは、【新たな施設を年に数回の連続講座で合宿型にする】ことで、講義とワークショップとシェアタイムでご自身のパーマカルチャーの知識と経験を1から段階的に深めることができます。
また合宿形式でプログラムにも時間をとってありますので、講師だけでなく全国各地の仲間づくりの親交を深めることができます。

2日間の短期集中型の合宿を修了してパーマカルチャリストになり、自信をもって自分の地域でパーマカルチャーを実践してみませんか?

今回も、山梨をはじめ全国各地のイベントや地域で実績のある四井真治さんをはじめ、パーマカルチャー中部と、海も山も川もある豊橋地域の実践者から、ワークショップと講座を直接学ぶことを通して、色々な事例を知り全国の仲間づくりができます。

また、今回からの試みとして、参加者による「私のパーカル実践報告タイム」の機会を持つことになりました。

その経験と自分の地域にぴったり合った参考事例を持って帰れるかもしれません。